土地遺産相続で土地の関連と言えば、土地の所有権を相続されると思い浮べる方も少なくないのではないでしょうか。しかし、相続されるものは土地の所有権だけというわけではありません。地主から土地を借りてそこに家などの建物を建てる権利を借地権と言います。この借地権は土地の所有権と同様に親族に相続することが可能です。したがって、借地権を相続させられる場合も少なくないのです。

土地に借主名義の建物を建てられることからそのまま、土地を利用する方もいます。しかし、土地の管理費用が高くつくこともあり、売却を希望する方も珍しくないのです。土地を借りる際には、土地の持ち主である地主と契約をすることになりますが、契約でいつまで借りるのか期間を決める場合がほとんどとされています。基本的には契約期間は20年が平均の期間となります。この場合、20年に達してもなお借り続けるのであれば、地主に借地権の更新料を払わなければなりません。

そもそも土地の所有権とは違って、借地権とは何なのかご存知ない場合もあります。したがって、借地権って売却ができるのかできないのか知らない方も多いのです。底地取扱店と言って土地や借地権の売買を専門的に取り扱っているお店があるのですが、借地権が売れるのかどうかよく分からない方は実際に底地取扱店での相談をおすすめします。このお店では借地権の買取を行うため、その流れの一環として相談だけではなく、査定してもらうこともできるのです。ここからも分かるように、借地権の売却を相談する際には底地取扱店はうってつけとなっています。

 

関連記事

  1. 相続した権利を考える
  2. 借地権を相続したら
  3. 相続した権利売却前に
Pocket