遺産相続において、所有権を相続する場合はよく耳にするパターンと言えます。しかし、それ以外にも借地権を相続することもあり、こちらに関しては、そもそも借地権とは何なのか分からない方も多いです。借地権とは地主から土地を借りる権利になりますが、このような意味合いから借地権は売れないのではと考える方も少なくありません。事実、借地権は売却可能となっています。とはいえ、すぐに売却に移すことが難しい場合もあるので注意が必要でしょう。ここでなぜ注意が必要なのかというと、それは売るにあたって地主の承諾が必要になるからです。

相談借地権にも大きく分けて地上権と賃貸権の2種類があります。このうち相続したものが賃貸権になる場合には先ほど述べたように売却には承諾が必要です。この賃貸権と呼ばれる借地権は、土地を使用して収益を得ることができる権利を指しています。しかし、土地自体は借主ではなく、地主が所有しているため、借主はあくまで土地を借りているだけに過ぎません。

そのため借地権を売却する場合には、地主の承諾が必要になるのです。初めて借地権を相続した時にはどうすればいいものか迷うものです。借地権への知識に不安があるという方は特に、土地の売買に詳しい底地取扱店に相談してみるのも疑問解決への第一歩となるでしょう。

 

関連記事

  1. 相続した権利を考える
  2. 借地権を相続したら
  3. 相続した借地権の売却

 

Pocket