土地の所有権を相続したという話を聞くことはよくあるのではないでしょうか。しかし、土地の所有権以外にも借地権が相続を経験する方も少なくないのです。初めて土地の借地権を相続した方は最初、自分が相続した土地の権利がどのようなものなのか全く分からないと言う方も多いです。したがって、売却を考えている方は特に借地権とは何なのかまず学ぶことから始めましょう。

土地を相続した場合には相続した自分自身が維持するか、売るかのど知らかになるのではないでしょうか。これが土地の所有権であれば、売却する際にも比較的スムーズに進められるでしょう。しかし、ここで相続されたものが借地権だった場合には売却の際にもすんなりとはいかないことが多いです。そもそも借地権とは地主のから土地を借りて、借主名義の建物の建築を許可する権利となります

底地取扱店借地権を初めて相続する方も多いです。したがって、相続した際には借地権とは何なのか詳細に分からない方もいるのではないでしょうか。ここで疑問点を解決するためにも底地取扱店へ相談をおすすめです。借地権を相続した時の疑問点として、この借地権は売れるのかどうか疑問に持つ方もいます。この疑問に関しては、売却可能であるのがこの疑問の答えです。これが分かったらどこで売れるのかになりますが、それが底地取扱店となります。底地取扱店とは土地や借地権の買取を行う店のことを指します。したがって、買取を行う流れで査定もしてもらうことも可能です。また、借地権を売る際には2点ほど注意すべきことがあります。1つ目は査定してもらう店によって査定額が違うことです。そのためこれから借地権を売る場合は、色々なところで査定して売る店を決めるのが得策だと言えます。2つ目に注意することは借地権売却には地主の承諾が必要であることです。これは2種類ある借地権のうち賃貸権に必要となるため、売る前の確認が大切です。

初めて借地権を相続したという方が多く、借地権とは何なのか詳しく知らない方もいます。したがって、売りたくても売れるのかどうかという疑問もあるようです。この記事では借地権が売れるのかどうか、どこに相談すべきなのかをご紹介しています。借地権の売却に悩んでいる方にとって、少しでも役に立つ情報をお伝えできれば幸いです。

 

関連記事

  1. 借地権を相続したら
  2. 相続した借地権の売却
  3. 相続した権利売却前に
Pocket