親族の遺産相続で広大な土地を相続したという出来事は少なくありません。広大な土地を相続してもらえたことで嬉しいのではと考える方もいるのではないでしょうか。しかし、人によっては困ることもあるのです。具体的に何が困るのかと言えば、広大な土地を維持するための費用になります。土地のある場所が場所によりけりですが、地方にある場合は維持するときにかかる費用が安い傾向にあるとされています。とはいえ、場所が都心であるなど土地の単価が高い所になると、維持するための費用も高くなる可能性が高いのも事実です。よって、そのまま管理しようとするにも費用がかかるため、管理が厳しいという状態で悩む方も多いのです。

家このようなことを踏まえて相続した本人が土地の売却を希望する方もいます。所有権を持っている場合には、土地を売ることができます。しかし、それが土地の所有権でなかった場合、少し話が違ってくるのです。所有権でなかった場合に何が相続されるのかというと、それは借地権です。借地権とは土地の所有者である地主から土地を借りて、その土地に借主名義で家などを建てられる権利になります。したがって、所有権と違って、売ろうと思っても、すぐに売る行為に移れません。そのため、借地権の売却で悩む方も少なくありません。もしも、借地権を相続して、借地権が売れるのかどうかよく分からないという方は、底地取扱店に相談してみても良いのではないでしょうか。

 

関連記事

  1. 相続した権利を考える
  2. 相続した借地権の売却
  3. 相続した権利売却前に
Pocket